ロレーオーボエの重さを量ってみた! ~機種ごとの重量比較~

JDRリペアマンのつぶやき

本日からJDRはF.Lorée WEEK です!

ということで、今回は「オーボエの重量比較 ~ロレー編~」です。

JDRの在庫楽器を1本1本量り、同じ機種で複数本あるものは平均値を出しております
(意外と大変でした・・・笑)。

それでは早速、結果をまとめた表をご覧ください↓↓↓

機種名 上管 下管 ベル 総重量
キャバール 245g 320g 104g 678g
ak 254g 330g 105g 689g
140 256g 334g 103g 693g
エトワール 266g 358g 119g 743g
エトワール FA 296g 369g 117g 782g
ロイヤルH 266g 361g 118g 745g
ロイヤル125H アメジスト 272g 361g 120g 753g

(※JDRの在庫楽器で計測した重量ですので、あくまで参考です)

やはりキーの多い楽器ほど重くなりますね。エトワールのFA(フルオート)は圧倒的に重いです。

キャバール、ak、140モデルは木部の外径は基本的に同じです。

ですのでこの3機種の差は、キーやネジの装備の違いではないでしょうか。

エトワールやロイヤルシリーズはak等の機種よりも外径が大きいこともあり、やはり重くなっています。

実際に持ってみると、ズシリと重みがあります。

吹いてみると分かりますが、重量によって吹奏感も全く異なります。

 

ちなみに、JDRで保管している1980年代製造の楽器は・・・

機種名 上管 下管 ベル 総重量
ロレー(No.FV54) 238g 317g 104g 659g

第3オクターブキーが付属していないこともありますが、近年の楽器と比べるとかなり軽いですね!

 

吹奏感や音色は機種ごとの内径やトーンホール、調整によっても違いが出てきますが、重量も大きな影響があります。

F.Lorée WEEK中は試奏会も開催しておりますので、ぜひ体感されてみてはいかがでしょうか!

 

 

この記事の感想をお聞かせください♪
  • 面白かった (14)
  • 役に立った (3)
  • 感動した (1)
  • 驚いた (1)
  • いいね (1)

その他のMagazine