~リードナイフを比べてみました~ + 新ナイフのご紹介 

JDRリペアマンのつぶやき 未分類

リード製作やリード調整において必要不可欠なリードナイフ。
カッターやヤスリを使用することもありますが、やはりナイフを使用してリード調整をされる方が多いのではないでしょうか?
今回は、JDRで取り扱っているリードナイフ5種類をご紹介します!

アンドウナイフ 

全長:200mm
刃の長さ:88mm
重量:72.4g

ロングセラーで、使用されている方も多い【アンドウナイフ】です。
最近、鞘(さや)と柄がリニューアルしましたが、刃の部分は変わっていません。
柄が丸く、握りやすいので粗削りから繊細な作業まで、ナイフの操作が楽にできます。

 

ハンディナイフJDR

全長:185mm
刃の長さ:78mm
重量:44.7g

【ハンディナイフJDR】はJDRオリジナルナイフの一つです。
刃の形状や素材はアンドウナイフに近いです。
柄の素材に軽い木が使用されているため、重さが軽く、長時間の使用でも手の負担が少なくなります。

 

長松リードナイフ

(※画像は左手用)
全長:205mm
刃の長さ:94mm
重量:67.8g

【長松リードナイフ】もサイズ感はアンドウナイフに近いです。
作りが丁寧で、精度の高いナイフです。
そして、刃に使用されている高級高速度鋼は非常に硬い素材で、切れ味が長くもちます。

 

JDRナイフYOSHISADA

全長:198mm
刃の長さ:95mm
重量:88.1g

【JDRナイフYOSHISADA】もJDRオリジナルのナイフです。
京都の工房に製作を依頼しています。
他のナイフよりも刃の角度が鋭角になっており、非常に鋭い切れ味です。
リード製作に慣れている方へおすすめです。

コンパクトナイフJDR

全長:157mm
刃の長さ:62mm
重量:33.6g

JDRオリジナル新商品の【コンパクトナイフJDR】です。
名前の通りコンパクトサイズで、柄が握りやすく作業がしやすくなっています。
兵庫の工房にご協力いただき、リーズナブルで扱いやすいリードナイフとなっております。
これからリード調整や製作を始める方にもおすすめの商品です。

 

いかがでしたか?
コンパクトナイフJDR以外は全長の差は少ないですが、重量や柄の形状に差がありました。
ご自身にぴったりと合うナイフを見つけられると、長年の相棒にもなります!
ぜひ、ナイフ選びの参考になさってください。

この記事の感想をお聞かせください♪
  • いいね (11)
  • 役に立った (5)
  • 面白かった (2)
  • 感動した (0)
  • 驚いた (0)

その他のMagazine